川栄李奈の英語がめちゃうまい!発音もスピードも半端ない!その勉強法は?最新ニュース有!

こんにちは、今朝NHK朝ドラの「カムカムエヴリバディ(105話)」観てびっくりしました。ひなた役の川栄李奈がアメリカ人の映画スタッフに英語で説明するシーンがあったのですがその英語力が半端なかったです。ほとんどネイティブと変わらない位くらい流暢に喋ってました。

「あれ?彼女って英語話せたっけ?」と2週間前に感じたのですが、その時はスピードもゆっくりでぎこちなかったです。それが発音もリズムやスピードも格段に上昇していたのです。この記事では川栄李奈さんが「どうやって英語が上達したのか?」を考察してみました。また2022年4月1日の最新ニュースも追記しました。

スポンサードリンク

川栄李奈の「カムカム」までの英語力とは?

川栄さんは神奈川県大和市立鶴間中学校を卒業後、神奈川県立綾瀬西高校に入学します。その後芸能活動を開始し、日出高校の通信科に編入しています。大学には進学していません。

恐らく仕事が忙しくなり日出高校に移ったのでしょう。

失礼ながら最初に入学した綾瀬西高校は偏差値40台なので、勉強がそれほど得意ではなかったと思います。

YouTubeに「芸能人の英語力」というチャンネルがあり、川栄さんも19才の時に登場しており、今でもその動画を見ることができます。

 

「外国人の女性が川栄さんのマネージャーの携帯を恵比寿で拾った」というシチュエーションで、フジTVで
仕事中の川栄さんに電話をかけました。

約5分間の電話会話ですが、ほとんど会話として成立していませんでした。

確かに電話の英会話は難しいのですが、「中学英語ちゃんと理解できてる?」と思えるくらい英語が話せていませんでした。

そんな川栄さんが「カムカム」の中で、英語を流暢に喋るなんてことは誰が想像できたでしょう?それくらいドラマの中でスラスラ綺麗な発音で喋っていました。

特に3/28(月)103話~3/30(水)105話での英会話には正直とてもビックリしたし正直感動しました。ネイティブレベルといっても遜色無いレベルだったと思います。

では川栄さんはどうやって英会話をマスターしたのでしょうか?

川栄李奈どうやって英会話をネイティブみたいにマスターしたの?

川栄さんは2021年2月か3月の約1年前から英会話の勉強をスタートしたそうです。

勉強中の彼女のインタビューのコメントは以下の通りです。

「英語のセリフが始まったのでもうパニックです。」

「26年間で今一番勉強している。」

「ともかく頭につめこむことが多くて。」

次に番組の演出の松岡一史さんは次のように語っています。

 


「川栄さんはずっと英会話の練習をしてたので、撮影の時には既に上手くなっていた。

英語指導の先生から『上手すぎるから、もう少し下手にしてください。』と言われるほどでした。

あの19歳の「芸能人の英語」番組の時にほとんど英会話が成り立たなかったのに驚きです。

もちろん川栄さんは番組のために英語を猛勉強したと思います。英会話の個人レッスンを受け、単語を覚え、撮影以外の空き時間も勉強に充てたと思われます。

しかしあなたも1年で英会話がペラペラになるなんて信じられないでしょう。

そこで考えられるのはシャドーイングという学習法です。

 

【最新情報】川栄さんが2022年4月1日(金)の「カムカムエヴリボディ」放送後の「あさイチ」にゲスト出演しました。番組中に鈴木アナから英語の上達に触れられると川栄さんは「このドラマのために1年間先生について英語を勉強ました」と「セリフしか話せません。」と話していました。

つまり英会話の基礎を勉強して、ドラマの英語でのセリフは徹底的に指導され練習を重ねたと考えられます。英語のセリフをネイティブ並みの発音、リズム、スピード、表現力を入れて表現するために「シャドーイング」で練習した可能性が高いと思いました。

シャドーイングとは?

シャドーイングとはその単語の通り、影のようにお手本の英語の音声を聞きながら、そのすぐ後について発音していく練習法です。「聞く」と「話す」を同時に行う訓練方法です。

聞こえてきた英語をそっくりマネながら先生や音声と同じ言葉を声に出していきます。

番組の英語のセリフは決まっていたと思われるのでその台本を元に練習したと思います。もしかしたら台本以外に別の教材で練習したかもしれません。

シャドーイングでは「リスニング力」と「スピーキング力」が同時に鍛えられます。しかし余程覚悟してやらないと続けられない学習法です。

学習の流れは以下のように行ったと考えられます。

1先生や録音された英文を聞く。

2英文原稿を確認する。(日本語で意味を確認する。)

3英文原稿を見ながら、川栄さんが音声に合わせてシャドーイングする。

4原稿を見ないで川栄さんがシャドーイングする。

5合間に指導の先生から発音やイントネーションのアドバイスを受ける。

6すき間時間にも練習する。(実際に発音したり、発音しない方法の両方あります。)

この流れの中で川栄さんは自己流の発音を捨てて先生や音声の物マネに徹するわけです。

おそらくこれを何度も何度も何度も、繰り返したんだと思います。

特に番組105話のひなたが、アメリカ人の映画スタッフに虚無蔵さんの殺陣に取り組む姿勢を英語で説明するシーンは圧巻でした。

思わず「えっ?ひなたの英語すごい、ネイティブじゃん」と思ってしまいました。英会話習得のために200%、300%の努力されたと思います。

スポンサードリンク

まとめ

今回は「カムカムエブリバディ」で驚きの英会話力を発揮している川栄さんの英語力が上達した秘密について考察をまとめてみました。

川栄さんはシャドーイングを使って英会話をマスターしたんだと思います。仕事とはいえゼロからのスタートであそこまで上達するなんて川栄さんをリスペクトします。ものすごいプロ根性です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク